skip to Main Content
世界一周を映像に残すために、Go Pro買ってみました

世界一周を映像に残すために、Go Pro買ってみました

世界一周に関する記事は、これまで
会社勤めの社会人が世界一周するまでのお話
世界一周の行程が決定!会社勤めの社会人でも世界一周を実現!?
について書いています。
よければ、そちらもご参考ください。

***

今回の世界一周は(も?)、フォトジェニックな場所を中心に選んでいます。

そして、おそらく、もう二度と訪れることのない場所もあるでしょう。
なので記憶だけでなく、しっかりと映像としてもおきたいなと思いました。

砂漠で撮影するなら、スマホは危険

わたしのスマホはpixel3です。
ポートレート撮影ができたり、ものすごく映像がきれいです。
先日スキーに行った際に、動画撮影もしましたが、「こんなに上手に撮影したの誰?」って自分で思うほどです笑

だったらpixel3でいいかと思っていたのですが、どうやら、砂漠を甘く見てはいけなそうです。
色々な方のブログを読ませていただいていると、砂のせいで、間違いなく、スマホが壊れる、と・・・。
そんなにも砂漠の砂は驚異のようだ。

ケースに入れて撮影ということも考えたが、せっかくのpixel3の映像の綺麗さがケースによってさえぎられてしまう。
それはもったいない。

ということで、アウトドアに強い撮影機材を探すことになりました。

なぜ世界一周のGo Proにしたのか?

Photo by JESHOOTS.COM on Unsplash

答えはお粗末で、、
アウトドアでの撮影=Go Proしか知らなかった・・・からです(汗)
色々と調べたらもっとあるのかもしれませんが、Go proですら種類が4つもあるのだから、もうその4つの違いを調べれば十分だ、と思い、Go proを買うことに決めました。

買い物は、基本まずはメルカリをチェックです。
ちょうど品物が売れてメルカリポイントが4万5千円ほどあったので、それで買えたらいいなと。

どうやら候補として9種類

メルカリでは3つの バージョンが売りに出されていました。

・Go pro hero 5:2016年10月8日 発売
・Go pro hero 6:2017年09月29日 発売
・Go pro hero 7:2018年9月21日 発売

そして、それぞれに3つのランクがあって

・ white
・shilver
・black

また、上記とは別に360度撮影ができる
Go pro fusion
というシリーズもあるようだ。

まず、Go pro hero 5までバージョンを落とすこともなさそう。(←単なる直観…汗)
最新であるGo pro hero 7を買っても初心者の私には宝の持ち腐れか??と悩む。

なので先に、3つのランクの違いから調べてみた。

Go pro hero 7におけるwhite、shilver、blackの特徴

image by https://jp.gopro.com/compare

それぞれ3つの特徴としては、
・white:安い(3万円台)でも画質ほshilverとblackに劣る(4K対応していない)
・shilver:値段もそこそこ(4万円台)で、4Kの動画撮影ができる
・black:値段(5万円台)で、機能は圧勝。

Go pro hero 7 blackでできること(whiteやshilverとの比較)

blackが圧勝なので、この時点でwhiteとshilverという選択肢は消えました。

どれくらい機能が違うのかというと、、、
素人の私でも使えそう、関係ありそうという機能だけ絞って共有させていただくと、

・画素数:1200万画素 > 1000万画素
・連射機能:1秒間に30コマ > 15コマ
・スローモーション 8倍 > 2倍
・音声コントロール16種類>14種類 

 「Gopro、ビデオスタート」で撮影開始できる

また、以下はblackにのみある機能だそう。

・HyperSmoothビデオ:手振れ補正がやばい
 とにかく、スマホとか全然比較にならないほどブレが補正される。
 もちろん、手をブンブンしてはダメだが・・・。

・ナイトフォト:夜空の撮影ができる

・タイムラプス:写真で作りコマ送り動画が撮れる
※ナイトラプスという機能で、夜空の連続写真が撮影できる

・タイムワープ:動画で作るコマ送り動画が撮れる

・顔・笑顔+シーン検出:自動で顔を検出してくれる

・ライブストリーミング:facebookやyoutubeに生配信ができる(リアルタイムで共有できる)

・3.5mmオーディオマイク:音がhero6と比べても格段によくなったようである

ところで、ランクはblackにして、hero7とhero6、どれくらい違うのか?ということですが、それは外国人youtuberが答えをくれました。
どれくらい画質が違うのか、比較した動画を見て、hero7に決定です。
ブレ補正も違うし、画像の鮮やかさも全然違いますね!
よかったら下の動画見てみてください^^

Go proと合わせて買いたいアクセサリー

・ジンバル(スタビライザー)
いくら手振れ補正が内蔵されているとは言え、やはりブレないということはなさそう。
なので、ジンバルという棒につけることで、ハード的にもブレを補正することができるようです。
ラクダの背中でユラユラされる予定なので、買いですね。
ただ、700gもあるというので、goproと合わせると1kgにもなります。
つり革つかまっているのも腕がだるくなってしまうのに、長時間そんな重いものもっていられるのか・・・。不安です。

・風防
go proの性能が上がったがために、音をよく拾うのだとか。
なので、外での撮影の際には風の音がヒューヒュー入ってしまうそうで。
それを防ぐために、「モフモフ」(って、みなさん言ってる笑)なカバーをつけると風の音が消せるらしいです。
世界は風が強そうなので、これも買いな気がします。

旅で撮ってみたい映像を事前に妄想してみた

・カッパドキアで、熱気球が上がる様子をタイムラプス
・アイスランドでドライブしながらタイムワープ
・砂漠で砂を上に放り投げてのスローモーション撮影
・熱気球の上で360度カメラ(←これは、VRカメラを買う予定♪)

ということで、Go pro hero7をメルカリで購入したわけなのだが、
実際にビックカメラでアクセサリとか見ていたら、実はすごく荷物がかさばるのではないかという事実が・・・。

そして、もっと困ったことに、Go proに並ぶ強敵が現る・・・。
それが、osmo pocketだ・・・。
こちらもyoutuberさんが紹介してくれていたので↓↓↓

これはこれで引き続き調べてみようと思います。
ということで、LINE PAY20%還元中の今、購入だけすることにしました。
実際には、人気で品切れ中。。
1か月くらいで届いてくれるといいのですが・・・。

いずれにしても、go proもosmoも売れそうなので、両方とも実際に使ってみて、どちらを持っていくかは決めたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top
丸の内ブログ、がんばって更新しています!毎週1件以上、働き方に関する情報発信をしています!
ぜひFacebookの「いいね!」お願いします!