skip to Main Content
【2019年】世界一周の費用内訳を全部公開します!

【2019年】世界一周の費用内訳を全部公開します!

世界一周するには、費用はいくらかかるのでしょうか?

世界一周が現実味を帯びてくるまでは、 編集長も膨大な金額がかかるのだろうと予想していました。
というよりも、イメージ出来なかったという方が正直なところです。
いったい何にお金がかかって、いくらぐらいなんだろう・・・。
国が違えば物価も変わるだろうし・・・。

ということで、実際に世界一周をした編集長の費用内訳を公開したいと思います。

世界一周の概要

世界一周をしていた期間

2019年4月30日~5月12日 ゴールデンウィークの13日間

訪問した国

10都市9か国
1.カッパドキア/イスタンブール(トルコ)
2.ドブロブニク(クロアチア)
3.フランクフルト(ドイツ)
4.リスボン(ポルトガル)
5.マラケシュ(モロッコ)
6.マドリード(スペイン)
7.レイキャビク(アイスランド)
8.ワルシャワ(ポーランド)
9.トロント(カナダ)

詳細の旅程は下記の記事をご覧ください。

その他:
・航空券はスターアライアンスの世界一周航空券を利用
・大人2名で行動

と、言ったところでしょうか。

世界一周の費用内訳

1.航空券

世界一周航空券、それ以外の寄り道用の航空券および燃油サーチャージを含めて総額1人当たり131,015円となりました。

スターアライアンスの世界一周航空券をマイルでGETしたことで、かなり費用を押さえることができました。

①世界一周特典航空券・・・0円/人

マイルで購入したので、実質0円です。

スターアライアンスの特典航空券の予約の仕方は下記もご参考ください^^

②上記 燃油サーチャージ ・・・ 70,640円/人

結構痛かったのでこの費用です。
そりゃ世界一周分もすればこれくらいの費用はかかりますよね・・・。

③寄り道用の航空券(燃油サーチャージ込)・・・60,375円/人

マイレージが足りない分は、別途航空券を購入しました。
基本的にはLCCを利用しています。

・羽田空港 → 関西国際空港 12,920円/人
・イスタンブール ↔︎ カイセリ(往復) 20,000円/人
・マラケシュ → マドリード 8,190円/人
・マドリード → レイキャビク 10,705円/人
・レイキャビク → ワルシャワ 8,560円/人

今回、GWというもっともハイシーズンだったため、何が大変って、日本を出国するのが大変でした。
国内線も高いので、結構無駄な出費が多かったです。

2.宿泊費

13日間で合計74,606円の宿泊費となりました。
機内泊や空港の床泊などもありましたが、1泊あたり5,738円で、1人あたりに直すと1泊2,869円ですね!
安い!

①北京~イスタンブール ・・・ 0円

機内泊のため

②カッパドキア(トルコ) ・・・10,464円/室

ポジャス ケーブ スイーツ
https://www.booking.com/hotel/tr/phocas-cave-suites.ja.html
カッパドキアと言えば「洞窟(ケーブ)」ということだったので、洞窟ホテルに泊まりました。

③ドブロブニク(クロアチア)・・・ 10,117円/室

ホテル ラパド(Hotel Lapad)
https://www.booking.com/hotel/hr/lapad.ja.html

④フランクフルト(ドイツ)・・・6,288円/室

プレミア クラッセ フランクフルト エアポート
https://www.booking.com/hotel/de/premiere-classe-frankfurt-airport.ja.html
夜遅い到着でしたので、エアポートのそばに宿泊しました。

⑤リスボン(ポルトガル)・・・11,343円/室

シェ ヌー ゲスト ハウス 
https://www.booking.com/hotel/pt/chez-nous-guest-house.ja.html

⑥マラケシュ(モロッコ)・・・10,600円

Riad house13
http://www.house13.net/
日本人オーナーが営む伝統的なモロッコの宿リアドを体験してみたかったため。  

⑦サハラ砂漠(モロッコ)・・・0円

ツアーに込み込みでしたので、ツアーの方で計上します。

⑧マドリード(スペイン)・・・0円

まさかの空港の床!はじめて固い床の上に布を敷いて一晩明かしました!

⑨アイスランド ・・・0円

機内泊のため

⑩ポーランド ・・・0円

機内泊のため

⑪⑫トロント2泊 ・・・25,794円/部屋

トロント・マリオット・シティセントラルホテル 
https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/yyzcc-toronto-marriott-city-centre-hotel/
SPGのポイントを1泊分使ったので、この金額です。

⑬カナダ~日本 ・・・ 0円

機内泊のため

3.食費

食費・・・実は全然かかっていません!
ラウンジや機内で食べることが多かったので、総額2人で36,700円でした。

①朝食

基本的に朝ご飯は食べません。
ホテルに朝食がついている場合には食べることもありますが。。。

②昼食

国にもよりますが、1食1人1000円~2000円くらいでした。
昼からワインを飲んでしまうと、すぐに1000円くらいは跳ねあがってしまいます。

昼に飛行機での移動が3回、昼食を含むツアーに2回参加したので、実際には8回くらい昼食を食べたと思います。
1,000円と2,000円の間をとって、1食1人1,500円だとすると総額1人12,000円くらいでしょうか。
13日間で割り戻すと1食1人923円となり、だいたい毎日の丸の内ランチと同じかやや安いくらいです。

③夕食

夕食は自腹で食べた記憶は3回くらいで、後はツアー内かビジネスクラス内もしくはラウンジで食べました。

・カッパドキアのレストラン :2,500円/2人分
・マラケシュの屋台 :200円/2人分 ←安い!
・マドリードのバー :2,000円/2人分
・アイスランドの空港カフェテリア:2,000円/2人分
・トロントのホテルのバーで2夜 :6,000円/2人分

夕食は5食分2人で12,700円でした。

昼、夜合わせて2名分36,700円なので、1人あたり18,350円、13日分で割ると1日1,411円でした。

これ以外にお水やお菓子を買ったりしていますが、たかが知れています。
なんならビジネスクラスのラウンジからペットボトルもらって来たりしているので、結果として食費は日本にいるより安かったようです・・・。

4.観光・ツアー代

ここは人によって大きく差が出る部分だと思います。
私たちはここに一番お金を投下しました。

①カッパドキアの個人ツアー

・日本語がしゃべれる現地ガイド
・空港~ホテルまでの送迎の往復
・専用車での観光ガイド
・伝統的なショーの観覧
・昼食

で、1人20,475円でした。

同じ観光地をめぐるだけなら、もっと安いツアーはいくつもあります。
また、英語のみのガイドさんだったら個人ツアーでももう少し安くなります。

ただトリップアドバイザーで評価がとても良かったので、こちらの個人ツアーにしましたが、大正解でした。
おしゃべりだけど、親切なおじちゃんはこんな方!

②マラケシュの砂漠ツアー

・英語のみの現地ガイド
・サハラ砂漠(の入口)までの専用車(9時間の往復)
・昼食
・ラクダ散歩
・ベルベル人のテントで宿泊
・ベルベル人のテントで夕食

で、1人39,780円でした。

正直、ちょっと高すぎました・・・。
このツアーを選んだ理由としては、
・9時間もの移動を知らない人と狭い車でギュウギュウになって元気でいられる自信がなかったこと。
・ベルベル人のテントが清潔そうだったこと
の2点です。

これに関しては正解だったのですが、
そもそも、今回1泊2日のツアーだったので、サハラ砂漠の入口までしかいけなかったため、当たり一面砂だらけという体験ができなかったというのが一番残念でした。
砂漠の中をラクダに乗って行く様を想像していたのですが、ラクダに乗る私の横をスクーターが走るというまさかの光景笑

皆様、サハラ砂漠を堪能したければ最低2泊3日は必要なので、ご注意を!

③ドブロブニクでのGame of thrones ツアー

あの世界中で大ヒットしたゲームオブスローンズの撮影場所を巡るツアーに参加しました。
ツアー料金は1人2400円で、要塞への入場券が1人800円でした。

また、ドブロブニクの城壁を歩くためのチケットは1人3200円ですので、ドブロブニク観光は1人6400円かかりました。

Game of thronesファンの方はよろしければこちらの動画もご覧ください

世界一周 ゲームオブスローンズの聖地巡礼

④アイスランドのブルーラグーン

1人10,200円とかなりお高い設定でしたが、国を挙げての大事業ということもあり設備もしっかりとしていますし、やはりあの光景は一度は見てもいいと思います。

⑤リスボンのEatwith

地元の方の手料理をその人のおうちで一緒に楽しめるサービス。
シェアリングエコノミーの1つ。
https://www.eatwith.com

ホストのプログラムによって金額がかわるのですが、私たちは現地のご夫婦が提供する1人5,000円のディナーをチョイスしました。

リスボンの動画に少しだけ様子が出ているので良かったらご覧ください。

リスボン旅行編です。

⑥ハマム(公衆浴場)

中東地域ではおなじみの公衆浴場ハマム。
サウナの中で、垢擦り、シャンプー、温泉などを楽しむことができます。

結構ピンキリで、私が試したのは1人6,200円で、ちょっと高めのものでした。
街中にあるハマムは1人3,000円からなどリーズナブルなものもあります。

⑦ナイアガラの滝ツアー

ナイアガラの滝を裏側から見れるツアーに参加しました。
1人約2,000円でした。
水しぶきを間近で感じることができますし、ナイアガラの滝を取り巻く歴史を見ることもできるので、オススメです!

また、ナイアガラにはワイナリーがたくさんあるのですが、
ワインテイスティングしました。
1,600円でした!

⑧その他

・地下宮殿@イスタンブール 400円/人
・ジェロニモス修道院@リスボン 1,755円/人
・ショパンミュージアム@ワルシャワ 600円/人

1人あたりの総額は94,410円でした!

5.移動関連・その他

1人あたりの総額11,800円ほどでした。
こういう費用は複数人のありがたみを感じますね!

①レンタカー代関連

トロントとアイスランドで1日レンタルしました。
トロントはバスや電車でナイアガラまで行ってもよかったのですが、ワイナリーを巡るには車の方が便利と思いレンタカーにしました。
これは正解!ただし、1人がワインを飲めないという犠牲になる必要があります・・・。

アイスランドは交通機関がほとんどないので、レンタカーはマストだと思います。
レンタカーがないと、観光ルートのバスに乗って移動するしかないので、行動が制限されてしまいます。

・トロント1日:7,300円
・アイスランド1日:4,500円

レンタカーを借りる場合にはセットで駐車場代とがガソリン代がかかります。
・ナイアガラの滝の駐車場 1,600円
・トロントでのガソリン 800円

レンタカー代関連の合計は、14,200円でした。(1人あたり7,100円

②電動スクーター

ヨーロッパでは電動式のキックスクーターを利用しました。
別に安いわけでもないのですが、気持ちがよいのと、日本では法律の関係上乗れないので、結構利用しました。

全部で6回利用して総額2200円ほどでした。
だいたい10分250円くらいのようです。

以前、パリでも利用したことがあり、その内容をまとめた記事がありますので、良かったらご覧ください。

③その他交通機関

空港から中心地に移動するために、バスやタクシーを利用しました。
物価が高いところではバスで、安いところではタクシーを利用したので、5,000円以内には収まったかなと。(1人あたり2500円以内

6.Wifi

これはマストです。
そして、地味に高かったですが、外せないですね。
世界中どこでも使えるwifiを借りました。
SIMではなく、です。
理由としては携帯以外にもPCなどいくつかデバイスを持って行っていたので、SIMを使ってのテザリングでも良かったのですがWifiのが安心かなと思いました。

一日1,500円×13日=19,500円でした。

世界一周で費用を削減する工夫

使おうと思えばどれだけでも使えてしまうお金・・・。
でも予算に限りがあると思いますし、できれば安く行きたいかと思いますので、私なりに費用を削減できる方法をまとめてみました。

1.世界一周航空券をポイントサイトでマイルを貯めて購入する

今回の世界一周の旅程距離はおよそ20,000マイルでした。

そうなると通常、各クラス別の世界一周運賃は下記になります。

エコノミークラス 358,900円
ビジネスクラス 705,500円
ファーストクラス 1,141,000円

今回ビジネスクラスで一周をしたので、本来なら705,500円を支払う必要があったところ、実際に私が世界一周航空券を手に入れるために使った金額はおよそ355,000円でした。

ビジネスクラスの通常料金の半分です。

しかも、私は355,000円という金額を航空券代には支払っていません。

日常生活の中で、355,000円分の食事をしただけでビジネスクラスの世界一周航空券をGETしてしまいました。
なので、実質航空券代はゼロ円と言えるでしょう。

???

どういうことかというと、下記の動画でも紹介している通り、ファンくるというポイントサイトを利用してマイルを貯めました!

世界一周の費用の中でもっとも大きな割合を占めるのが航空券だと思いますので、正直この方法が最も費用節約には効果的でしょう。

2.2名以上で旅をする

他人の家に泊めてもらうのはちょっと・・・という方は、2名以上で世界一周することがオススメです。
海外のホテルは1人当たりの料金よりは、1室当たりの料金設定が多いです。
日本だと1人当たり料金なんですけどね。
そうなると、1人で1万円でも2人でも1万円だったりするので、2名以上でいけばそれだけで1泊が半額になります。

レンタカー代や、ワインのボトルだって1人では飲み切れなかったりと割高ですし、何より同じ体験を共有できる連れがいるのはとっても楽しいものです。

2名以上で旅されるのをオススメします。

3.飛行機はLCCを使う

世界一周特典航空券は、距離(マイル)によって必要なマイレージ数が変わってきます。
無限にマイルがあればいいのですが、そうもいかないので、途中足りない分は実費で航空券を購入するのですが、その航空券はLCCを使うのがオススメです。

LCC=ローコストキャリア(Low Cost Carrier)

比較的安く航空券を購入することができます。
というか、断然安いので、短距離路線の場合にはほぼ100%LCCになります。
時々LCCよりも安い航空券があることもあるので、
その場合にはスカイスキャナーなどで調べて最安値をその航空会社のオフィシャルサイトから購入することをオススメします。

4.ハイシーズンを避ける

今回はGWという最もハイシーズンな時期に企画してしまったので、それだけ無駄にお金がかかってしまいました。
でも会社勤めしているとどうしてもハイシーズンにならざるを得ないですよね・・・。

とはいえ、いったん外に出てしまえば海外はGWなどというものはないので、全然空いています。

なんとか最安値で出国できる国を見つけてもらって、そこから世界一周をスタートすることをオススメします!

5.カウチサーフィンを利用する

カウチサーフィンというサービスをご存知でしょうか?

https://www.couchsurfing.org/

今回私たちは使わなかったのですが、海外ではかなりメジャーなサービスです。

無料で自分のカウチ(ソファ)に泊めてあげるというもので、世界中に利用者がいます。
私も今までたくさんの外国人旅行者の方を自宅に泊めてあげました。
実際にはカウチではなくて、ダブルベッドのマットレスを貸してあげているんですけどね!

泊まらせてあげるだけではなくて、一緒に食事をしたり、観光したりもするので、結構仲良くもなれますし、異文化を知れたり、英語の勉強にもなったりするので、オススメです!

また別の記事でカウチサーフィンについては紹介したいと思います。

こういうサービスを利用することによって、宿泊費は削減できますね!

次回は現地の人との交流を深めるためにも積極的に使ってみようと思います^^

結局、世界一周に総額いくらかかったのか?

結局のところ全部足してみると二人で約62万円ほどとなりました。
なので1人あたりに直すと約31万円ですね。
きっと1人で旅をしていたら40万円くらいにはなったのかもしれませんが、二人だったからこそ節約できた部分もあります。

<内訳>

航空券:262,030円
宿泊費:74,606円
食費:36,700円
移動関連・その他:23,600円
観光・ツアー代:188,820円
Wifi:39,000円

合計:624,756円

どうでしょう?
想像よりも高いのでしょうか、安いのでしょうか?

1週間くらいのふつうの旅行でも1人あたり20万円くらいはいってしまうので、世界一周でしかも約2週間の旅と考えると、悪くないのではないでしょうか?^^

いつかは、世界一周してみたいと考えている方へ

社会人だとなかなか長い休みも取れないし、他の人が世界一周で使う金額を聞いてみると100万近く使っていたり・・・。

でも、今回編集長が行った弾丸の世界一周なら、夢が夢じゃなくなると思いませんか?

会社を辞めて、何か月も放浪するだけが世界一周じゃありません。

こんな世界一周の仕方もあるんです!

編集長はこの気軽さに味を締めて、数年以内に反対周りで世界一周を目論んでいます。

ぜひ、この記事を読んでくださった1人でも多くの人が世界一周に出られることを心より応援しています^^

最後まで読んでくださってありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top
丸の内ブログ、がんばって更新しています!毎週1件以上、働き方に関する情報発信をしています!
ぜひFacebookの「いいね!」お願いします!