skip to Main Content
誰でも無料でできる動画コンテンツの作り方

誰でも無料でできる動画コンテンツの作り方

オフラインでのセミナーや商談などが自粛されている中、オンラインセミナーやオンデマンドコンテンツを提供したいと思う人は増えてきていると思います。

ただ、プロに頼むとお金もかかるし、簡単に安く自分でできないかな?と考えている方向けに、【誰でも無料でできる動画コンテンツの作り方】をまとめました!

入門編

動画作成に絶対必要なもの

動画作成では

・撮影
・編集

は外せません。

もしかすると、しゃべり慣れしている人は撮影一発撮りで、そのままyoutubeにアップする、というツワモノもいらっしゃるかもしれませんが、たいていの場合、撮影したものを編集する必要があります。

なぜ編集が必要なのか?

・本編の前後に余計なものが入っている
カメラを押す動作や「これ、もう撮ってるの?」みたいなやり取りとか。

・話している最中に「えー」とか「あー」とかの間がある

・途中の部分を話直したい(差し替えたい)

など、そんな時は編集が必要です。

撮影はどうするの?

「スマホ」さえあれば撮影できます。

質を求めたらキリはありませんが、スマホさえあれば、Youtubeに耐えうる映像が取れますし、音だって奇麗に入ります。
美人アプリを使えば、メイクしなくてもそのまま撮影が可能です。

できれば、三脚があるといいですね。
これも正直、なんだっていいです。
棒の長さが調節できるものが良いですが、安くて構いません。
ようは、スマホを立てかける場所さえあれば、なんだっていいのです。

首の長さが調節できるので便利。セルフィ―棒にもなります。

「照明」も考えたらキリがありません。

プロは照明にめちゃくちゃ時間をかけて設置します。

ですが、入門編としては、
・窓のそばで撮影する(太陽光バンザイ)
・部屋の電気全部全開にする
・スタンドを顔に向ける

あたりで大丈夫です。

スマホが頑張って光を集めて明るい画像にしようとしてくれます。

「音声」だって、自分が大き目の声でハキハキ話したら聞き苦しくないレベルの録音は可能です。
だって、室内での撮影なのですから。

編集はどうしたらいいの?

ひとまず撮影ができたら、撮影データを編集するPCまたはiPad、スマホに入れます。

一番気軽なのはスマホ。でも、器用さが必要

スマホが最も気軽ですが、指が太い人にはちょっと操作が難しいかもしれません。
私も最初はスマホでやっていたのですが、微妙なところでカットしたいのに上手に指を動かせなくてウズウズしたので、今はiPadかPCを使っています。

スマホで利用するアプリはiPhoneだったらiMovieやinshot。
inshotはアンドロイドでも使えます。

iMovieでは、
・別撮りの動画と動画をつなぎ合わせたり、
・余計な部分のカットや、
・動画に動画を重ねる「ピクチャインピクチャ」や「スプリットスクリーン」
などの編集をします。

この段階で音楽まで入れちゃう場合がほとんどです。

音量調整(動画同士で大きさに違いが出ないよう)もiMovieでやっちゃいます。

字幕などの文字入れはできないので、それは別のツールにお任せです。

inshotの場合、文字入れまで行けちゃいます。
が、動画のカットとかはiMovieの方がやりやすいので、文字入れ前までiMovieで行って、いったんエクスポートして、inshotに移して仕上げをしています。

iPadを持っている人は同じツールを使って、同じように編集されると、スマホよりも操作性よく編集できると思います。

やっぱりPCでの編集がスムーズ

PCで動画編集をしようという方には、
DaVinci Resolve(ダビンチリゾルブ)という無料編集ソフトがおすすめです。
パソコンにインストールしてください。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/

iMovieよりも色々なことができてしまうが為に、画面(UI)が複雑なのですが、
・動画の取り込み
・タイムラインへの動画追加
・動画のカット
・テロップ(文字)入れ
・動画の書きだし

ができれば、入門編としてOKなのではないでしょうか?

詳しい使い方は下記の動画が説明してくれています!

https://www.youtube.com/watch?v=MTQUorvUrDQ

そして、入門編最後に、実はこれが伝えたかった!という神ツールをご紹介します。

自動文字起こしツール「Vrew(ブリュー)」です!

動画って、やっぱりテロップ(字幕)あった方が見やすいと思うんです。
無音でも理解できるし。
なので、できればほぼ一言一句テロップ(字幕)入れたいと思っているのですが、なかなか大変で・・・

https://vrew.voyagerx.com/ja/

これさえあれば、動画にテロップ(字幕)を入れる時間が大幅に省略できます!

何がすごいって、動画をツールに読み込むだけで、文字起こしが簡単にできてしまうんです。
しかもかなり精度は高い!
(数字には弱いけど!)
(滑舌の悪い人には向いていなけど!)

10分の動画をVrewに入れれば、あっという間に動画に連動したテロップが現れます。

通常手打ちでテロップ入れると動画の長さの3倍は時間がかかかるところ、このツールをつかえば半分以下でできてしまいます!

テロップを入れるポイントとしては、
・背景と混ざっていない(コントラストがある)
・文章の長さが適切である
・適切な大きさである
・動画に雰囲気に合っている

あたりは外せないのですが、
・フォント種類も色々と選べるし、
・大きさも自由に変えられるし、
・文字の縁取り、背景設定もできるし、
・テロップの長さ調節もエンターキー1回でできてしまう!

セリフのカットに合わせて動画の方もカットされる!

さらに、私みたいに「えー」とか、「あー」とか余計なことを言っちゃう人は、
いらない部分をカットするだけで、動画の部分も合わせてカットされちゃいます。

なんなら、ノンストップで話して、不要な部分のカットだけなら、Vrewだけでもできちゃいますね。

もう本当に神ツールなんです!

テロップが完成したら、動画をエクスポートして、youtubeなどにアップすれば完成!
誰でも簡単にテロップ付の動画が作れます!

詳しい使い方をまとめた記事も併せてご覧ください。

続いては、ちょっと慣れてきたからもう少しクオリティ上げたいな、という人向けの初級編です。

初級編

初級編でも、撮影と編集に分けてお伝えします。

撮影

・一眼レフ使ってみる
・別付けマイク使ってみる
・照明あててみる

あたりができると、グっと入門編よりそれっぽい動画になります。

一眼レフを使って背景ぼかし

一眼レフカメラを使うと、中心となる人やモノにフォーカスがあたり、背景がボヤけます。
なんとなくプロっぽく、そしてオシャレな感じの動画が撮影できます。
残念ながらiPhone11でも動画用の一眼レフ機能はありませんので、一眼レフカメラが必要です。
どうだろう、安くても5万円以上はしそうですね。

別付けマイクでクリアな音声

カメラやスマホに外部取付マイクを使ってみると、こちらも聞き取りやすい音に変わります。
「動画は音が命」、と動画制作のプロの方々はおっしゃられますが、確かに聞き取りづらい動画は疲れてしまいますね。

ただ、マイクは種類がありすぎて、、、
でも、室内で自分だけが話すパターンの撮りだったら、
・ピンマイク:胸元とかにつけるやつ
・ガンマイク:バナナみたいな形で話者の方に向けて使うやつ
・ヘッドセットマイク:頭につけるやつ。よく実況アナウンサーがつけているやつ

二人以上の声を同時にとるなら
・スタンドマイク:セミナー会場とかにあるマイク

でも、今、三密をさけなければいけない時期だと、ほとんど一人でしゃべる場合が多いので、上の3つのどれかですかね!

これも価格がかなりバラけるので、ご予算に応じられるのがよろしいかと思います。

照明を当てて、話者の顔をはっきり!

そして、3つ目の照明。
よくyoutuberの方が使っているのは、
・リングライト:円形になったLEDタイプのもの。別名、女優ライト

ちなみに、私が使っているのは、
・裸電球:説明不要ですね笑

ソケットと電球合わせて全部で700円くらいです笑

すみません、本当はライティングがあった方が良いのだと思うのですが、
セミナーとかの場合、スライド(資料)メインになるので、そこまで照明にこだわらなくていいんじゃないかというのが正直なところです。

それよりも、共有する資料の文字が小さくてスマホじゃ見えない・・・という方が、自分の顔が暗く映っているよりもよっぽどマズい状況ですね!

編集

初級編になるとスマホやiPadよりもPCを使った方が良いかなと思います。
iPadでも有料ツールを使えばかなりできることは増えるのですが、DaVinci Resolveの無料版が十分すぎるほど編集できるので、PCで編集することをおすすめします。

音量調整

別撮りした動画によって音声の音がかなり違う場合や、雑音をとりたい場合には音量調整も簡単にできます。
こちらも、 DaVinci Resolve を使ったわかりやすい動画がありましたので、リンク貼っておきます!
https://www.youtube.com/watch?v=h8rmwHfK4JU

画面(カメラ)の切り替え

2つ以上のカメラで撮影した動画を自動同期できるマルチカム編集は覚えておきたいテクニックだと思います。

どういう動画を作る際に使うのかというと、例えば、
・正面から撮影した動画と引きで撮影した動画を切り替えながら使いたい場合
・講師が映っている動画と、テキストを切り替えながら使いたい場合
など、ワンパターンの動画じゃなく、視点に動きをつけたい場合に、このマルチカム編集は便利です。

なんで便利かというと、マルチカム編集機能がない編集ツールだと、切り替えのタイミングで音声がずれないように調整をしなければいけないのですが、マルチカム編集機能があると、音声の波形を元に複数の動画をリンクさせてくれるので、微調整がいらないんです。

こちら、勉強させていただいた動画が下記です。
よかったら見てみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=Lc673yxCjW8

はい!以上、ここまでできれば、個人が無料でできるレベルとしては十分なのではないでしょうか。

これ以上のスキル、クオリティを目指す方はぜひ他の方のブログやYoutubeを見ていただければと思います。
世の中にはなんてマニアックな!そして、なんて親切な方がたくさんいるのだろうと驚くほど、豊富な情報が無料でシェアされています!

まずは、どんなクオリティでもいいので、作って見ることが一番大事ですね。
作っていくうちに、手慣れてくるし、上手になってくると思います。
クオリティを求めすぎて、一歩踏み出せない方が残念ですので、ぜひ入門編から挑戦してみてください^^

最後まで読んでくださってありがとうございました。

This Post Has 0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top