skip to Main Content
Spgアメックスカードが最強と言われる理由

spgアメックスカードが最強と言われる理由

マイラーの中で最強のクレジットカードと言われているspgアメックスカード
いったい何が最強と言われる所以なのか、まとめました。

1.世界の高級・有名ホテルでVIP待遇が受けられる

spgアメックスカードを持つことで、
マリオットヴォンヴォイという世界最大級のホテルプログラムの上級会員向けのサービスを受けることができます。
ゴールドエリートという会員ランクになるのだが、本来は1年間で25泊以上した人に与えらられるというものですので、かなりの特典だと思います

どのようなホテルが対象になるの?

・ザ・リッツ・カールトン
・マリオット
・シェラトン
・ウェスティン
・セントレジス など 

リッツを筆頭に有名高級ホテルがずらりと並んでいる。

世界130カ国6,700ホテル以上が対象となる。

どんな待遇が受けられるの?

①部屋の無料アップグレード

毎回必ずというわけではないようですが、今のところ毎回アップグレードしてもらえていますので、かなりの確率でアップグレードしてもらえるのではないでしょうか。
どれくらいアップグレードしてくれるかは、その都度まちまち。

②チェックアウト時間の無料延長(14時まで)

多くのホテルが11時くらいで、長いところでも12時のところ、14時までというのはうれしい。
ホテルにプールが付いている時とか、ホテル周辺の散歩をしたい時など、荷物を置いたままいけるし、着替えなどもできるので、ありがたい特典だと思う。

③Wi-Fi無料

日本国内だとWiFi無料は当たり前ですが、海外に行くと結構有料で、高いところが多いので、この特典は地味に助かる。

④ウエルカムポイントがもらえる(250~500ポイント)

宿泊するだけで1泊250〜500ポイントがもらえる。
3ポイント=1マイル換算なので、80マイル〜160マイルいただけるということになりますね。

⑤ホテル滞在時のご利用金額US$1につき、12.5ポイント獲得(通常会員の1.25倍)

ホテルでお金を使えば、US$1につき12.5ポイント。
後で詳しく説明しますが、ホテル以外でのクレジットカードの利用では100円で3ポイントなので、約4倍お得!

2.ANA、JAL以外にもマイルへ交換できる(しかも高還元率、手数料無料!)

40社以上へのマイル移行が可能

ANAカードだと、ANAやスターアライアンス系の航空券へ、JALカードだJALを含むワンワールド系の航空券にしか変えられないのですが、このSPGアメックスカードはそういった縛りがない。

私も飛行機が好きなので、いろいろな航空会社のエアを利用してみたいなと思うのですが、どうしてもスターアライアンスに絞ったマイルの貯め方をしていると、乗れる飛行機が限られてしまう。
だけど、このカードならいろいろな航空会社の飛行機に乗れ、機内サービスを楽しむことができますね!

また、新型コロナウィルス禍では航空会社に大きなダメージがあります。
どうなるかはわかりませんが、限られた航空会社のマイルにしてしまうと、もしその航空会社に何かあったときにマイルがどうなるかもわかりませんので、こちらのカードのポイントとして貯めておくのもリスクヘッジかもしれません。

まとめて交換すると100円=1.25マイルの高還元率

60,000ポイントまとめて交換すると、15,000ポイントのボーナスがつくのも特徴。

60,000ポイント未満の単位でマイルへ移行してしまうと、
・100円で3ポイント獲得
・3ポイントで1マイルに交換できるため、
100円=1マイル。
これはよくあるレートですね。

ですが、60,000ポイントまとめると15,000ポイントのボーナスがつくので、
・20,000円で75,000ポイント(75000pt÷3pt=25000mile)
・20,000円で25,000マイル(25000mile÷20000yen=1.25mile)
・100円=1.25マイルということになる、
通常のマイル還元率よりも25%も良い還元率となるわけです。

ちなみに、ユナイテッド航空はボーナスが10%つくため、還元率はもっとよく100円=1.35マイルになります。

一方で、ニュージーランド航空のようにありえないほど還元率の低いところもあるので注意が必要。

※移行したいタイミングで60,000ポイントに足りていない場合の裏技は記事の最後に書いてあります!

移行手数料がかからない

クレジットカードのポイント移行には手数料がかかることが多いですが、このSPGアメックスカードは一切無料です!

3.年会費は元がとれちゃう!

実はこのspgアメックスカード、年会費が結構高いんです。。。
今私がメインカードとして使っているANAスーパーフライヤーズ ゴールドカードの年会費は16,500円なのに対して34,100円(税込)と2倍にもなるんです。

なのですが、実はこれ、元がとれちゃうんです。

初年度は入会特典39,000ポイント(13,000マイル)GET

既存会員からの紹介キャンペーンを利用して入会し、3か月内に10万円を利用すると、36,000ポイント分ボーナスがもらえます。
10万円利用しているので、100円で3ポイントつくため、さらに3000ポイントが利用分として付与されます。

そうなると39,000ポイントゲットできます。
この段階ですぐにマイルに交換しても良いのですが、それだと先に書いた「60,000ポイント以上をまとめて交換するとお得」には該当しないため、3ポイントで1マイルなので、13,000マイルとなります。
(60,000ポイント以上貯めて交換すると3ポイントで1.25マイルなので16,500マイルになります!)

100円で1マイルしか溜まらないよくあるクレジットカードだと思えば、130万円分のお買い物をした、ということになるのでかなりお得な入会特典だと言えるのではないでしょうか。

2年目以降は「無料宿泊特典」で年会費相殺!

2年目以降は、毎年50,000ポイント分までのホテルに宿泊することができます。

オフピークで見るとカテゴリー7に分類されるホテルに宿泊することができます。

カテゴリー7にはどんなホテルがあるのかというと、
・ザ・リッツ・カールトン大阪
・セントレジスホテル大阪
・ウェスティンホテル東京
・シェラトンワイキキ
ですが、いずれも1泊4、5万円はするホテルですね。

残念ながらリッツカールトン東京、京都、沖縄はカテゴリー8に分類されます。
その場合には「キャッシュ+ポイント」で、ポイントと現金を併用するという方法も用意されているの検討しても良いですね。

4.アメリカンエキスプレスの特典も受けられる

そして忘れてはいけないのが、このカードはアメリカンエキスプレスのカードということ。
なのでアメリカンエキスプレス側の特典も受けることがでいます。

どのような特典があるかというと
①空港ラウンジが無料で使える(同伴者一名まで無料)
②帰国時のスーツケース無料宅配(スーツケースは1つだけ)
③海外旅行保険・補償
④日本語でのトラベルサポート
など。

私の場合、この中だと実際に使うのは①くらいです。
基本はスターアライアンスのマイルを貯めて飛行機を利用しているので、スターアライアンスのラウンジを利用するのですが、スターアライアンス以外の航空券を購入することもあるため、アメリカンエキスプレスのカードラウンジが使えるとありがたいです。

②に関しては、基本的に機内持ち込みできる大きさの荷物しか海外にはもっていきません。
世界一周もバックパック1つでいきましたし。

おかげ様で今のところ③、④が必要なトラブルなどもないので、やはり実用的な特典としては①あたりでしょうか。

まとめ

ここまで、spgアメックスカードが最強と言われる理由をまとめてきましたがいかがだったでしょうか?

実際に使っている人たちからの満足度も高くて、2019年度のホテル会員プログラム顧客万読度調査でも一位に輝いています。
https://japan.jdpower.com/ja/press-releases/2019_Japan_Hotel_Loyalty_and_Reward_Program_Satisfaction_Study

今のところ(2020年5月1日現在)、いつ海外旅行にいけるようになるか、メドは立っていませんが、また行けるようになった際に、すぐに航空券&ホテル予約できるように(もちろんマイルやポイントで!)ステイホームしながらポイント貯めてはどうでしょうか

おまけ:裏技

マリオットヴォンヴォイのポイントは購入できる

実はこのマリオットヴォンヴォイのポイントは購入することができます。

https://storefront.points.com/marriott/ja-JP/buy

平時は1,000ポイント12.5ドルで購入できるのですが、よく50%UPキャンペーンなどをやっているので、そのタイミングで購入するのがおすすめです。

年間で最大50,000ポイントまで購入することができます。

どういう目的でポイントを購入するかというと、
例えば、
・マイルに移行しようと思っていただけど60,000ポイントに少し足りない時
・ビジネスクラスやファーストクラスの必要マイル数に足りない時

ニューヨークまでのビジネスクラスを通常料金で購入しようとすると35万円以上するところポイントを購入してマイルで購入すると全部22万円で必要マイルを購入することができます
ファーストクラスだと100万円以上のところ、ポイントだと45万円で必要マイルを購入できます。
ただし、年間50,000ポイントまでという限度があるので実際には全額分のポイントは購入できませんが、それくらいお得ということです。

下記はANAのエリア別必要マイル数の表です。
参考までに。

https://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/image/image_kokusai/mileage_chart_int.pdf

最後まで読んでくださってありがとうございます!
少しでも参考になったら幸いです。

This Post Has 0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top