skip to Main Content
5年以上の契約社員やアルバイト・パートは、無期雇用となる

5年以上の契約社員やアルバイト・パートは、無期雇用となる

2013年4月1日に改正が行われた労働契約法に伴い、下記の通り、無期労働契約への転換をしなければならないことになった。

「有期労働契約が繰り返し更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換しなければなりません。」

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/keiyaku/kaisei/

この労働契約法の改正前の更新期間は、通算に参入されないので、2018年4月1日から、こちらの義務の履行がスタートする。

 

無期労働契約への転換は雇用を安定化するのか?

一時的な労働力のバッファとして契約社員を雇用してきた会社からすると、この法律自体が迷惑な話、という感じだろうし、5年経過前に、せっかく働いてくれている契約社員さんを期間終了せざるをえない、ということも多発してしまうことが予想できる。

この点に関して言うと、雇用の安定化のための制度なのに、すごく残念な話ですね。。。

よく正社員で雇用しなければならない、という認識が広がっていますが、厳格に言うと、異なる。
そもそも正社員というのは、通称であり、、特にそのような法律上の区別はないのだ。

詳しくは、「雇用形態の整理、期間の定めのある雇用契約?契約社員?アルバイトとの違い?」に記載しているので、良かったら見てみてください。

会社側の対応としては、あくまで、「これまで有期契約の更新を繰り返してきた」のを、「有期契約の繰り返しではなく、無期契約にするだけ」なので、週2日で働いていてくれてたアルバイトの方を、正社員として、毎日働かせる必要はないのだ。

こちらについても、詳しくは「無期雇用と正社員は違う」を見てもらえればと思います。

参考資料:厚生労働省「無期転換の準備、進めていますか? ~有期契約労働者の円滑な無期転換のためのハンドブック~」
http://muki.mhlw.go.jp/policy/handbook_2017.pdf

※法律や雇用に関わる話については、状況の変化や判例の変化を取り込んでいません。また、私の勘違いもあるかもしれません!間違いを気付かれたりしたら、ぜひお気軽にご連絡ください!

This Post Has 0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Back To Top