丸の内ブログ ホーム » お仕事関連 » キャリア ・ 仕事 » 働き方 » ワーケーションを実践してぶつかった問題と解決策

ワーケーションを実践してぶつかった問題と解決策

憧れのワーケーション。
働くこと(Work)と休暇(Vacation)を一緒にできるなんて、
なんて理想的なの!と心ウキウキさせながら挑戦してみた南米でのワーケーション。

実際にやってみてわかったことがある。
今回はワーケーションの問題点と解決案をまとめてみた。

 

1.いつからいつまでが勤務時間なのか?問題

移動時間は有給消化扱いのあだろうか?

今回の目的地であるマチュピチュ到達までに要した時間は38時間。
1日半も移動をしていたわけである。

一方、現地マチュピチュにいたのもおよそ40時間。

つまり、移動時間と現地滞在時間がイコールなのである。

私が勤務している会社では、通常、出張など移動時間中は特に拘束されているわけではなく、自分の自由な時間として使ってよいということになるので、この時間は勤務時間外とみなされている。

私は38時間もの間、勤務時間外であったということになるのだろう・・・。

となると、この38時間、およそ2日分は有給休暇の消化扱いになるのだろうか??

 

ワーケーション中の勤務時間はどう計算されるのだろうか?

1日8時間勤務が通常勤務時間の人の場合、とにかく8時間業務に時間を費やせばよいのだろうか?

また、その時間計算はその人の誠実な心に任されるのだろうか。

私の場合、やはり現地に着いたら観光地を見て回りたいし、仕事を忘れてその環境にどっぷりつかりたいと思ってしまう。

そのためもし自社でもワーケーションが導入されるのであれば、きっと移動時間を業務時間に充てるだろう。
欧米に行くなら少なくとも10時間は飛行機に乗るため、機内で映画を見るくらいなら勤務時間にあててしまいたい。

時間当たり生産性を計測している企業は増えているので、例えばワーケーションを申請した際には、実際に計測してみるというのもありかもしれない。

 

2.時差ある問題

時差ボケでずっとボケっとしてしまう・・・

南米はおよそ12時間の時差があった。
つまり、昼夜がしっかりと逆転する。

そして、容赦なく時差ボケに襲われる。

そう、今回一番の敵は、時差ボケだった。

ワーケーションだから、ワークしなければ・・・と頭ではわかっているのだが、その大切な頭がずっとボーっとしているのだ。

そして、ずっと眠いのだ・・・。

残念ながら、パソコンを開くと15分後には急激な眠気に襲われていた。。

 

時差があるから日本と会議ができない

オンライン会議システムを使えば、距離の問題は超えられるが、時間の問題は超えられない。。。
(当たり前だが・・・汗)

ネットがあればどこでもできる私の仕事ではあるが、会議中心に回ってもいるため、日本がオンの時にオフのエリアに行くことはつまり、仕事が進められないことを意味する。。。

日本がオンの時、私のエリアはオフであり、日本がオフの時、必然的に私もオフになる・・。

つまり、ずっとオフなのだ・・・。

 

3.ネット環境やっぱり劣るよね問題

今回のワーケーション一番のミスは、SIMカードを現地でゲットできなかったこと。

空港での乗り継ぎが深夜や早朝になる場合などは、SIMの販売店が空いていないこともあるため、事前に日本で購入していくことも検討すべきたっだ。

とはいえ、日本で購入するとなるとどうしても割高になるため、やはり現地の格安SIMをゲットしたいところである。

また、Wifiルーターのレンタルだろう。
いくつものデバイスを同時に利用することもできるので、ワーケーションする際には予備としてWifiルーターは持っていった方がよさそうだ。

 

結論

・時差が大きすぎる国
・移動時間が長すぎる
・大自然や遺跡が目的

の旅行にワーケーションは向かないということがわかりました笑

とはいえ、やはり海外で新しいものを見て、文化に触れあうというのはとても刺激的なことです。

いつもと違う環境に身を置くことで、いつもと違う思考が生まれてきたり、新しい発想が浮かんだり。

日本の戻ってくると、体は疲れていても、心は豊かになっているんですよね!

なので、

次回はこれにめげず、

・時差が2時間以内
・移動時間が少ない
・都会中心(ネット環境が充実しているから!)

で挑戦してみようと思います!!

南米・ペルー・マチュピチュでのワーケーション体験記をまとめました。
よかったら下記も参考にしてください^^

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました^^