丸の内ブログ ホーム » ライフスタイル » 結婚・妊活 » 事実婚って、世の中でどう受け入れられているの?

事実婚って、世の中でどう受け入れられているの?

最近、はあちゅうさんが事実婚したと発表してSNSを騒がせましたね。
はあちゅうさん以外でもDreams Come Trueの吉田美和さん、後藤久美子さん、萬田久子さんなども事実婚をしている(していた)。

丸の内ブログの編集長も事実婚にとても興味があるので、調べてみました!

 

事実婚とは?

事実婚とは、入籍をする法律婚に対して、入籍しない婚姻関係のこと。

入籍しない婚姻関係と聞くと、同棲と何が違うの?内縁ってこと?と思う人もいますよね?

まず、同棲との違いから。

 

事実婚と同棲の違い

一緒に住んでいるけど、単なる同棲ではないことを公に証明するものが、「住民票」だ。
同棲の場合、一緒に住んでいたとしても両者が世帯主となっているケースが多いのではないでしょうか。

法律婚(入籍)すると住民票の続柄のところには妻または夫の一方が「世帯主」、その一方には「妻」または「夫」と記載される。

これが事実婚となると、妻(未届)、夫(未届)と記載される。

事実婚を証明するための住民票
事実婚を証明するための住民票

画像は、はぁちゅうさんのtwitterより参照させていただいています。

同居して生計を同一にしていたり、周囲に認められていれば事実婚であるなどその定義には幅があるが、住民票に記載があることにより得られる公的サービスもあるので、住民票に記載できるのであれば、記載しても良いだろう。

「記載できるのであれば」と書いたのは、「内縁」の場合、記載ができない。

内縁とは、籍を入れたくても入れられない場合、多くの場合、相手方がまだ別の人と籍を抜くことができないが、当人同士(もしくは周囲も)がお互いに夫婦(のような)関係であると認識している場合に使われることが多いようだ。

一方が別の人と籍が入っている場合には「重婚」ということになるため、基本的には住民票への妻(未届)、夫(未届)は認められていないようだ。
住民票の異動させる際にも戸籍謄本の提出を求められることが多く、実際に独身であることを確認されるとのこと。

つまり、「事実婚」はお互い独身の二人がどちらかの戸籍に入りはしないが、住民票上で夫婦であることを証明する婚姻関係と言えるだろう。

 

なぜ事実婚を選ぶの?事実婚のメリット

よく聞くメリットとしては、以下の3つ。

1.夫婦別姓を名乗ることができる
2.別れることになってもバツがつかない
3.男女平等を確認できる

 

夫婦別姓を名乗ることができる

日本では女性の姓が変わることが多いが、その手続きの面倒さにはゾッとする。
時間もすごくかかるし、お金だってかかる。

私のも結婚そして離婚をした経験を持つ立場として、少なくとも下記の手続きを行った。
しかも二回もだ。。(離婚しなければこうはならなかったけど。。。。しょぼん)

・戸籍の届出
・住民票の届出

・印鑑の作成
※入籍したタイミングで「姓」ではなく「名」で作成した。
おかげで離婚の時に作成しなおさなくて済んだ。
印鑑は姓じゃなければいけないと思っていたけど、もっと早く知っていればいろいろな印鑑証明の変更しなくて済んだのに><

・銀行や証券会社などの金融機関の氏名変更、キャッシュカードの変更手続き
・クレジットカードの氏名変更
・保険の契約者、被保険者の氏名変更、受取人の変更
・パスポートの氏名変更
・航空会社の名義変更
・自動車免許など各種免許の氏名変更
・携帯電話の名義変更
・健康保険、厚生年金などの氏名変更

・勤務先での氏名変更
※氏名変更の届出連絡はしたが、実際にはビジネスネームとして旧制を使い続けていた。
仕事しかすることがなかったので、3年婚姻生活を続けたものの仕事以外の活動をしていなかったので、私の結婚後の姓はほとんどの方に知られることはなかった。

ちなみに、姓の変更をすることによって、今までの蓄積したものが失われると感じた。
例えば、インターネット上で自分の名前を検索すると旧姓でインデックスされている。
つまり、新しい苗字に変わってしまったら、私はもうネット上にインデックスされないのと同じなのだ。

 

別れることになってもバツがつかない

一回くらいバツがついても(離婚しても)、今の時代はかなり寛容だと思う。
しかし、2回、3回とバツが増えるとさすがに・・・という感じはあるだろう。
(別に皆バツを最初から覚悟して結婚するわけではないと思うのだが。)

しかし事実婚の場合、別居したら住民票が別々になるためそれで婚姻関係の解消となる。
あえて戸籍に傷を増やす必要はないと考えて事実婚したいと考える人も少なくない。

 

男女平等を確認できる

法律婚に対しては、「性的役割強制がもっとも容易に求められる場所」である、「婚姻はドメスティック・バイオレンスの土壌である」というような評価もある。
また女性にとっては結婚すると専業主婦になるか、仕事を継続する場合男性よりも非常に大きな割合で家事、育児を負わなければならない。
しかし法律婚と異なり、関係解消がしやすい事実婚の方が家事や育児に協力しない夫と別れやすいため、互いの合意の下でパートナーシップを築けるという点からも男女平等を実現しやすいようだ。

 

事実婚をしようとした際の注意点。事実婚のデメリット

住民票を異動させた事実婚にいては、法律婚と同様の権利を得ることができるようだが、一方でできないこともまだまだある。

それをまとめてみた。

保険関連 健康保険の被保険者 なれる
遺族年金等の受取人 なれる
会社の家族手当など 会社による
生命保険の死亡保険金受取人
保険会社による
自動車保険の家族限定割引 使える
住居 公営住宅の入居 できる
住宅ローンの連帯保証人 なれる
生活 携帯電話の家族割 使える
マイルの家族利用
航空会社による
税金 配偶者控除の利用 できない
相手を受取人にした生命保険料控除 できない
相続 パートナーの遺産相続 遺言が必要
離婚 財産分与・慰謝料請求・養育費の請求など できる
第三号年被保険者の年金分割 できる
厚生年金の年金分割 できない

逆にできないことを見てみると税金の控除の部分だ。
これは専業主婦になりたい方からすると大きなデメリットになるのかもしれないが、自身で生計を立てている女性であれば特段大きなデメリットともいえないかもしれない。

一方で、お金関連以外のデメリットもありますが、これはまだまだ事実婚が受け入れられていない現実から起こっているものとも考えられる。

例えば、
入院・手術の際に求めらる同意書へのサインは 医療機関によっては 事実婚のカップルは認めないとするところが多くあったり、入籍していないことから夫婦で同じ介護施設への入居を拒まれるケースなどがあるようだ。

また、子供が生まれた場合には、非摘出子となる。
これを可哀そうという人もいるが、自分が摘出子か否かなど他人に知られるケースはどこらへんにあるのだろう。また、子供への愛情が減るというわけでもないので、根本的に本当に何が問題かわからない。いじめられるとか、、、まあ、そうでなくても何でいじめられるかわからない世の中である・・。

 

日本での事実婚事情

日本では、まだまだ事実婚はメジャーではないため、事実婚を否定する声は少なくない。

・互いの関係に責任を取りたくないからだ

とか、

・こどもが可哀そうだ

とか、

・何か特別な(やましい、悪い)理由があって結婚できないんだろう

など。

事実婚の割合の数字は出てこなかったが、婚外子と認定されている数字を見てみると、世界的にはすごく少ない方なのである。

事実婚が進んでいるスウェーデン、フランスなどでは、2008年の時点で半数以上のカップルが婚外子を選択(≒事実婚)、という割合に対して、日本はたったの2.1%という低さだ。(イギリスやアメリカも40%以上という割合なのに、だ)
参照:https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/13/dl/1-02-2.pdf

しかもスウェーデンに関していうと、出生率が上がっているという。

今後ますます働く女性が増え、日本も少子高齢化が進んでいくことが考えられると、今はまだまだメジャーとは言えない事実婚がもっと増えてくるのかもしれない。

そして、法律に縛られないからこそ、パートナーとの真の関係づくりというものが必要にもなってくるのだろうが、本来はそちらの方が自然なんじゃないのかなと、編集長は思うのでした。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました^^